手汗でお悩みの方、必見のお役立ち情報をご紹介!

お気に入りに追加
ランキング

1位 ファリネ

送料 ・定期コース 無料
・今回のみ 600円
成分 ・ナノイオン
・植物性スクワラン
・天然ビタミンEなど
返金保証
90日間肌荒れ返金保証
価格 ・定期コース 初回2,667円
・通常購入 8,890円
特徴 安心の無添加手汗対策パウダー!新発想ナノイオンとACHでダブル制汗!
特典

・定期コース 初回のみ70パーセントOFF
(2回目以降6,800円)

お申込みはこちら



2位 フレナーラ

送料 ・定期コース 無料
・今回のみ 600円
成分 ・カモミラ
・オトギリソウ
・シナノキなど
返金保証
定期コースのみ180日間返金保証
価格 ・定期コース初回 5,100円 2回目以降 4,250円
・今回のみ 8,500円
特徴 独自のテクノロジーで制汗成分を細分化!天然エキスで使用感もサラサラ!
特典

初回限定手汗ケア「7つのコツ」プレゼント!

お申込みはこちら



3位 デオプラスラボプラチナム

送料 ・定期コース 無料
・今回のみ 620円
成分 ・柿タンニン
・シルクと海藻
・紅茶緑茶エキス
返金保証
120日間返金保証
価格 ・定期コース 5,616円
・今回のみ 9,258円
特徴 控えめな香りでなめらかな肌触り!余分な汗を出さずに肌をしっかりと保湿!
特典

定期コースお申込みで初回のみならず2回目以降も30%OFF!

お申込みはこちら



4位 デトランス

送料 送料込み価格
使用方法 入浴後の就寝前に気になる手や足に塗るだけ!
返金保証
なし
価格 ・初回限定価格 1本2,900円 2本5,000円
・通常価格 1本4,800円
特徴 医療先進国デンマーク発、ローションタイプの最先端制汗商品!
特典

初回限定価格(1本 40%OFF 2本 48%OFF)にてご案内中!

お申込みはこちら



手汗の効果的な対策について
世の中の男性も女性も「手汗」で頭を痛めている方は多いと聞きます。また、手汗をひどくかいていることで困るシチュエーションも多々あると思われます。例えば、恋人と手をつなぐ時、カラオケ等で握っていたマイクを渡そうとする時、ひどい状態だと持っていた本がグチョグチョになってしまったりするケースやスマホが使いづらいケースも…
自分の気持ちで手汗を止めようと思っても困難であり、「何とか止まって!」と考えれば考えるほど、症状が悪化してしまうことが多いです。本やインターネット等で調べた手汗に効果があると言われる「ツボ」を押してみたり、落ち着くための呼吸法を試してみたり、様々な事をやってはみたけど、変化を感じられないとお嘆きの方も多いでしょう。
極力気にしないようにする
人間の体質上、興奮状態にあったりすると自然と手汗は出てきてしまうものです。興奮状態から冷めてきたりすると、この興奮時の精神性発汗は徐々におさまってきます。この精神性発汗が多くみられる箇所は手の平や足の裏ですが、落ち着いてきているにも関わらず、汗が引かずに、したたり落ちるほどかいている時間が長く続く場合は交感神経が過剰になりすぎていてセーブできなくなっていることも考えられるので注意が必要です。
自律神経をほどよく保つのに必要なのは「バランス」です。何のバランスかというと1つは上記の「交感神経」ともう1つが「副交感神経」になります。この2つが全く逆の動きをすることで正常な状態を保とうとしてくれます。「プラス」と「マイナス」の関係とも言えます。発汗を促進させるのが交感神経であり、ストレスや緊張、極度の興奮が交感神経を刺激することで起こります。
「何とかしなくちゃ」と焦れば焦るほど余計に交感神経が刺激されてしまうので止めることができず、さらに多くの汗をかいてしまうことにもつながってしまいます。まさに悪循環とも言えます。こういった状態に陥ってしまったらとにかくリラックスすることが大切です。
制汗剤について
汗の対策と聞いて、真っ先に思い浮かぶのが「制汗剤」ではないでしょうか。比較的軽くて持ち運びに便利な形状のものが多いので、いつ汗を多くかくか分からない方にとって切り離せないものという位置づけかもしれません。
「制汗剤なんて、基本的にどれもいっしょでしょ?」と思っている方もいるかもしれませんが、それぞれの箇所に適した制汗剤があります。脇の汗に適しているもの、手の汗に適しているもの等々あり、汗の成分によって効果を発揮できる制汗剤は異なります。なので、手汗がひどいのに、脇汗用の制汗剤を使用したところでご自身が望むような効果を得られることは少ないです。
水分
時々、手汗がひどい原因は水分を多く摂りすぎていると勘違いをして、水分を摂らないようにする方がいますが、これは絶対に止めてください。汗をかくということは上昇しすぎてしまった体温を平常に戻すといった役目があり、これは、例え、水分を摂っていなかったとしても行われます。すると体の水分がどんどん奪われてしまい、脱水症状を引き起こしてしまいます。水分を多く摂りすぎてしまったとしても、余計な水分は汗ではなく、尿として体外に排出されるので、手汗を減らそうと思って水分を控えたところで意味がありません。
手汗専用
そもそも手の平は「エクリン腺」が多くあることから緊張等による場合も含め汗をかくのですが、市販されている制汗剤のほとんどが脇の「アポクリン腺」に効くように作られています。こういった制汗剤はきついニオイを抑える働きもありますが、手の汗に使用したとしても肝心のエクリン腺に作用しないケースがほとんどであり、なかなか、手汗を止めることができないのが現状です。
しかしながら、最近では手汗に特化したパウダーやクリーム、ローションが販売される用になり、効果覿面なことから手汗を気にする方の支持を集めています。脇とは異なり殺菌作用は必要ないので、できるだけ低刺激な商品を選ぶのがポイントであり、いつでも手の平をサラサラにしていたいのなら、パウダータイプがオススメで、就寝中のみを対象にするのならクリームやローションタイプのものを使用すると効果的です。
ファリネ

フレナーラ

デトランスα